葉酸が不足すると、動脈硬化、腸や神経の障害、巨赤芽球性貧血の発症の原因となり、妊娠中の葉酸不足は、胎児の神経管閉鎖障害の発症率を高くすることがあります。