妊娠中はバランスの良い食事で必要な栄養素の摂取を心がけますが、葉酸は、食物から摂取するだけでは必要摂取量が足りないので、サプリメントなどで補いましょう。

妊娠中に必要な栄養素が不足すると胎児に影響するもの

妊娠中の食事摂取基準の中で、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミンA、C、D、B1、B2、B6、B12
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ヨウ素
  • セレン

は、通常の状態の時よりも多く摂取する必要があります。

 

 

基本がバランスの良い食事、それに加えて、上記の栄養素を付加的に摂取するということです。
中でも、重要なのは、葉酸と鉄分、そしてカルシウムです。

 

 

特に葉酸は、必要な摂取量が通常の状態より、ずっと増えます。

 

 

なぜなら、葉酸は胎児が神経管閉鎖障害などの先天性異常を引き起こす確率を減らすことができるからです。

 

 

神経管閉鎖障害などの先天性異常を引き起こしてしまうと、死産や、生まれてきても、治療が難しく、知能障害や腎臓疾患などを一生かかえていく子供になってしまう恐れもあります。

 

 

その様な事態を少しでも減らすためには、バランスの良い食生活に加えて、
葉酸を必要量、毎日摂取することがとても重要なのです。

 

 

 

ただ、葉酸は、食物から摂取するだけでは、必要摂取量に足りないので、サプリメントなどで補い、
1日の必要量をしっかり摂取するようにしましょう。

 

 

 

妊娠期間中の中期から後期にかけては、鉄分を含む食品を通常の状態の時の倍以上摂取する必要があります。

 

妊婦の女性バナー

鉄分は、アサリ、ヒジキ、青のり、きくらげなどに多く含まれていますが、吸収される率は決まっているので、

毎回の食事で摂取するようにしましょう。

 

また、ビタミンC を含む食物と一緒に摂取すると、吸収しやすくなります。鉄分は、血液中で酸素を運搬するので、貧血を防ぎます。

 

カルシウムは、通常の状態と同じ量を摂取すればよいのですが、もともと不足しがちな栄養素なので、不足しないように気をつけましょう。

 

カルシウムは、乳製品の他にも、干しエビ、煮干し、サクラエビ、ヒジキ、えんどう豆、チーズ、ゴマなどに含まれています。