妊娠中は血液の量が増えますが、造血をするために必要な栄養素が不足すると貧血となります。

妊娠中の貧血の原因と葉酸

 

妊娠中に貧血になることは、母体にも、胎児にとっても危険なことです。
しかし、妊婦さんの30%は貧血に悩んでいます

 

葉酸は、妊娠中の貧血の改善にとても重要です。

 

 

 

妊娠中の貧血について

妊娠中は、母体と胎児の両方に栄養や酸素を運ばないといけない時期で普段よりも、多くの血液が必要です。そのため母体は、造血機能をフル活動させて、妊娠していない時よりも作り出さなくてはいけません。

 

造血するためには、何時もよりも多くの栄養が必要となりますが、つわりなどの時期でもあり栄養摂取がままならない状況の場合も多くあります。

 

その場合、妊娠中に貧血が起きてしまいます。

 

造血するためには、多くの栄養素が必要となりますが、その中でも、特に不足しがちな栄養素が葉酸です。葉酸は造血の為だけではなく胎児の成長には、とても重要な栄養素です。

 

貧血とは、鉄分不足のイメージがあり、鉄剤を処方されますが、鉄分の不足しがちな栄養素ではありますが、鉄分のみでは血液は作ることができませんので、葉酸の摂取に気を付けるようにしましょう。

 

 

 

 

妊娠中の貧血の症状

貧血に悩む女性

妊娠中の貧血は、立ちくらみなどの自覚症状がない時もあり、貧血と気づかない場合もあります。

 

主な症状は「疲れやすい」「めまい」「動悸」「息切れ」「頭痛」「たちくらみ」などです。

 

最近朝起きられない、疲れやすい、ドキドキするなどというときは、貧血かもしれません。

 

貧血をそのままにしておくと、赤ちゃんに充分な栄養をおくることができなくなり、成長に影響します。

 

出産時に血液が足りないと、危険な状態にもなり、お産がスムーズに進行しないこともあります。
産後の回復も遅れ、また母乳が十分に出なくなります

 

 

 

 

鉄分の不足にも注意

貧血の原因は、鉄分の不足が多く、特に妊娠中には、葉酸と共に気を付けて摂取しないといけません。

 

妊娠中は血液の量は増える割には、赤血球の量はさほど増えないため、赤血球の濃度が薄くなり、また、胎児の成長にも必要なため、さらに鉄分の不足となります。

 

主治医に鉄剤を処方された妊婦さんの中には、鉄剤を飲むとムカムカする場合もあります。

 

出来れば食事などで鉄分の補給を意識したメニューにし、また鉄の吸収を付けるビタミンCも同時に摂るようにしましょう。