つわりで食事が取れない方には、青汁がオススメです。

青汁と葉酸

 

青汁

妊娠中、特につわりがあるとどうしても栄養補給が困難になります。

 

と言って、サプリで足りない栄養を取りたいと思いますが、妊婦さんの飲めるサプリは薬と同じように、制限があります。

 

そこでおすすめなのが「青汁」です。

 

 

 

青汁で、葉酸を補給。

近年妊娠する年齢の高齢化なども伴い、先天性異常の赤ちゃんが増えているというデータがあります。の原因の多くは、卵子の老化、母親の糖尿病、などもありますが、葉酸の欠乏も大きな原因となっています。

 

葉酸は、緑黄色野菜に含まれていますが、妊娠につきもののつわりの時期には食事もとれないという場合もあります。サプリに頼るという手もありますが、なるべくならば食事でとりたいと思います。

 

そういう場合には、葉酸を手軽にとれる青汁がお勧めです。

 

最近の青汁には、飲みやすいものも多く、ケールの匂いが苦手ならば大麦若葉の青汁にすれば、さわやかさもあり、つわりでも飲むことが可能です。

 

気を付けたいのは、抹茶いりのものはカフェインが含まれているので、抹茶が入っていないものにしましょう。

 

 

 

 

妊婦さんの便秘も解決

妊娠中、おなかが大きくなることが理由で、腸を圧迫して便秘を起こす場合が良くあります。

 

市販されている便秘によいというものや、ハーブティーでも実は下剤の成分が入っていることがあり、天然素材だからと言っても気を付けなければいけません。
下剤には、子宮収縮を起こし、早産や流産の原因となるものもあります。

 

青汁を飲むことで、便秘の解消効果もあります。
下剤ではなく自然に腸に食物繊維が刺激を与え、水分補給と同時に便秘の解消効果があります。

 

 

 

 

妊婦さん用の葉酸サプリも存在する。

妊娠中でもサプリを飲みたいという願いから妊婦さんの必要な栄養分に注目し、特に葉酸の含まれたサプリが販売されています。

 

貧血予防の鉄分、むくみ予防のカリウム、マグネシウムなど食事として摂取できるような素材から作られています。

 

どのようなサプリでも、原材料に注目し、安心のおけるメーカーで、できれば国産のものをとるようにしましょう。